2017〜2018年度の方針と会長挨拶


本年度の計画及び目標(2017-2018年度)

2017〜2018年度 会長  前原 勝

幹事/園田 誠

現況報告書   現況報告書オリジナル

 この度、伝統と歴史を誇る桐生ロータリークラブの2017-2018年度会長に就任させて頂き、誠に身の引き締まる思いとともにその責任の重大さを痛感しております。
 当クラブの更なる発展のため、一年間全力で勤めたいと存じますので、全会員の皆様方の温かいご指導とご協力を心よりお願い申し上げます。
 今年度のRI会長は、オーストラリア出身のイアン・ライズリー氏です。
 ライズリー氏は、今年度のテーマとして
 ROTARY:MAKING A DIFFERENCE
「ロータリー:変化をもたらす」を掲げています。
 ロータリーには、112年の歴史があります。この間にロータリーは、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに適応しながらある意味で大きく変わってきました。しかしその根底にあるものは同じです。地域社会と世界に変化を生み出したいという願い、ロータリーを通じてそれを実現したいと願う人が集まった組織がロータリーだということです。「ロータリーとは何ですか」という問いに私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて「変化をもたらす」ことが出来ると信じています。どのような方法で奉仕することを選んだとしても、私たちは奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせることが出来るはずです。私たちは、自分たちの活動が誰かの人生をより良くしていることを知っているのです。
 地区ガバナーは、高崎ロータリークラブの田中久夫氏です。田中ガバナーは、地区スローガンとして
 Rotary’s Mind is Our Pride.
 We are Rotarian. We are One.
 「ロータリーのある人生を誇りにしよう」を掲げました。
 “noblesse oblige” (ノーブレス オブリージュ)という言葉があります。かつて白洲次郎氏が好んで使っていたようですが、辞書では「位高ければ徳高きを要す」と訳されますので、ロータリーの目指す品格や精神とまさに合致しているものと思われます。
 私たちは、ロータリーに対してこの高潔な精神性の存在を認め、多くの情熱と憧憬を持って入会しました。いまロータリアンであることに誇りを持って日々の奉仕活動に従事しています。自分の人生にロータリーがあって良かったと心から喜びを感じています。これからも多くの仲間たちと友情を深めながら一致協力してロータリー活動を展開していきましょう。私たちは一つです。

 

 

 

地区目標
1 RI会長賞を目指そう
2 会員増強・退会防止・・・年度末目標 クラブ目標純増1割 地区目標2,400名
  ・特に若手候補者、女性候補者の加入促進
  ・各クラブの会員候補ターゲット層(年齢、性別、人脈、若手団体、地域等)の再確認
  ・各クラブの会員増強委員長人事の若返り促進
  ・月1回の会員増強会議(若手会員中心)の開催
3 公共イメージ向上への戦略実践
  (1)公共イメージ・ポスターの製作・配布、会員の事業所・応接室に掲示、
来客への広報
(2)上毛新聞(公共イメージ用各クラブ社会奉仕事業紹介欄の設置)、ぐんま経済新聞(会員増強用各クラブ紹介欄の設置)におけるロータリークラブの記事掲載
(3)その他各分区内におけるミニコミ誌・タウン誌等に同様企画の記事掲載の提案依頼
4 会員相互において「ロータリアンであることの誇り」の認識の共有
  (1)通  期 know other clubsキャンペーン(他クラブ・メーク)の実践
(個人単位・クラブ単位)による他クラブとの交流の推進
  (2)第1・四半期 クラブ公式訪問の分区単位による実施(8月〜9月)により、
各分区内の会員相互の仲間意識の発現
(3)第2・四半期 地区大会(11/19)への全員参加による第2840地区内の結束
および海外姉妹クラブの招待・参加による世界中の仲間達とのロータリー家族の仲間意識の共有
(4)第3・四半期 Rotary Dayの開催(1月〜3月):分区単位(または合同)による共同社会奉仕活動の実施・地域コミュニティへのロータリー活動の積極的発信、
植樹の提案(1人1本)
  (5)第4・四半期 IMの開催(4月〜6月)による各分区内の会員の仲間意識の醸成:1年間の会員増強の成果と公共イメージ・アップ成果事例の発表(複数分区の合同開催も可能)
5 ロータリー財団による補助金の活用
  (1)地区補助金を有効に活用しよう(複数クラブによる共同事業も視野に)
  (2)グローバル補助金を有効に活用しよう(米山学友会等を活用)
6 ロータリー財団寄付150ドル、ポリオ寄付30ドル、米山寄付16,000円の達成
  (米山記念奨学会創立50周年を祝おう)

 

 桐生ロータリークラブもRIテーマを踏まえ地区目標を達成すべく全会員とともに努力していきたいと思います。当クラブでも田中ガバナーのスローガンである「ロータリアンとしての誇り」を持ち「伝統を踏まえ未来への変化を」を合言葉に活動してまいります。まずは会員各位がロータリーをしっかりと学び当クラブの諸先輩方が構き上げた輝かしい伝統と実績を顧みて頂きたいと思います。その上で歴史や伝統に安住することなく未来への変化に柔軟に対応できるよう時代や地域社会のニーズに応えることが必要です。まず、例会や委員会活動を活性化するため、担当例会を増やし、月間の意義やロータリーの基本を学ぶ機会を充実させたいと考えています。次に奉仕活動では、深刻化する子供たちの子育てや教育問題を取り上げ「未来の夢計画」では、社会福祉協議会の子育て小屋へ不足している木製オモチャを寄贈するとともに、放課後学習会への支援や教育問題をテーマとした講演会の開催等を企画できればと思います。また、公共イメージの向上のため、地区が行う活字メディアでのPRに協力するとともに、桐生市で活動する様々な奉仕団体やローターアクトクラブ・インターアクトクラブとも協力して本市が目指す「歴史を生かしたまちづくり」実現への活動や、自然環境の向上を目指す植樹奉仕また群馬大学理工学部を会場に開催されるアースデイやクラシックカーフェスティバルへの参加も予定しております。
 また、RIの青少年交換学生の受入れが決まっておりますので5RCとも協力しながら会員の皆様方にご協力をお願いしてアメリカからの高校生を迎え、日本の歴史や文化・生活を満喫できるようサポートしたいと思います。会員増強や退会防止につきましても、担当委員会にのみ頼ることなく全会員が一丸となって取り組みたいと思います。また、会員やご家族相互の親睦を更に深めるため企画も検討してはいかがでしょうか。
 明るく楽しく元気よく充実したロータリーライフを送りましょう。
 会員の皆様どうぞ1年間宜しくお願い致します。


事業計画及び目標
1.例会や委員会活動を活性化し、ロータリーを学ぶ機会を充実させる。
2.奉仕を通じて地域社会に貢献する。
3.公共イメージの向上のため地区の活字メディアによるPRに協力し、各奉仕団体と連携
して幅広い活動を行う。
4.未来の夢計画を実践し、教育問題を主軸に社会貢献を計る。
5.会員増強と退会防止には、全会員が一丸となって取り組むとともに親睦活動を更に充実させる。
6.青少年交換プログラムの受入れや留学生交流会の充実に向けた体制を調える。
7.未来企画特別委員会において、RI規定審議会で提唱された新しい時代に対応したロータリークラブの在り方を幅広く検討しながら当クラブの更なる発展に向けた企画提案を行う。

 

 

Copyright © Kiryu Rotaly Club