2016〜2017年度の方針と会長挨拶


本年度の計画及び目標(2016-2017年度)

2016〜2017年度 会長  吉田 栄佐

幹事/柳 明彦

現況報告書   現況報告書オリジナル

この度、2016〜2017年度の輝かしい歴史と伝統を誇る桐生ロータリークラブの会長に就任させて戴き、身に余る光栄であると思うと同時にその責任の重さに身の引き締まる思いであります。会員皆様のご指導ご協力を戴き、一年間宜しくお願い申し上げます。

本年度RI会長のジョンF.ジャーム氏(アメリカ テネシー州出身)は年次テーマとして、
「人類に奉仕するロータリー」を掲げており、RI会長は年次テーマについて下記のように語っています
「111年の歴史の中で、ロータリーは多くの人にとって多くの意味を持ってきました。毎週、世界の34,000以上のクラブのロータリアンが集う一番の理由は最も大切な目標、すなわち「奉仕」のためです。ロータリーの初期から「人類への奉仕」は、ロータリーの礎であり主な存在理由となってきました。様々な分野から熱心で有能な職業人が集まり、壮大な目標を実現できる団体はロータリー以外にはありません」
 桐生ロータリークラブとしても、この理念を活動の基盤に置いて実践してまいりたいと思います。ロータリーによる善き活動をより多く実現させ、将来にロータリーのリーダーとなれるロータリアンを増やしていきたいと考えております。

今年度の2840地区ガバナーは、藤岡南ロータリークラブの豊川一男氏です。
豊川ガバナーはRI会長の年次テーマを受け、地区スローガンとして、
「点から面へ さらに世界へ」−広げよう<友情と奉仕の>和・輪− を掲げました。
このスローガンに基づき次のように地区目標としています。

1,会員およびクラブの交流を推進しよう

会員一人が年間3回、新たなクラブにメイクアップしましょう。
ロータリーは「友達」を作ることから始まりました。
メイクアップは地区内外のロータリアンと新たな友情を育み会員相互の連帯感を高めて「絆」を深めます。

2、会員基盤を拡充しよう

人類の半分は女性です、ロータリー女性入会者を促進して女性会員ゼロクラブをなくしましょう。
ロータリーの資質向上のために、最近退職をしたシニアリーダーの入会を推進しましょう。
ロータリーの未来を担う若きリーダーの入会を推進しましょう。

3、地域社会および世界社会にロータリーの貢献を発信しよう

地区内46クラブは、様々な奉仕活動を企画し、実施しています。
地区全体で情報を共有し、ソーシャルメディアなど活用して効果的にロータリーの活動を発信しましょう。

4、ロータリー財団「未来の夢計画」を進化させロータリー財団100周年を祝おう

ロータリー財団「地区補助金」と「グローバル補助金」の活用の質を高めましょう。
地区合同プロジェクト・ロータリー財団100周年記念事業を実施しよう。

5、ロータリー米山記念奨学会の理解を深め寄付目標を達成しよう

次世代を担う若き留学生の支援で、ロータリーの輝く「未来」の原石を磨きましょう。

6、「RI会長賞」に挑戦しよう
  「RI会長賞」挑戦は、「元気なクラブ」作りのチャンスにする事から始めましょう。
  先ずは、ロータリークラブ・セントラルに10項目登録しましょう。

7、IMを開催して、私たちの「未来」を語ろう

地区内8分区・グループで年次テーマ「人類に奉仕するロータリー」を実践し「未来」を語りましょう。

8、中核的価値観を養い、奉仕に繋げよう

ロータリーの中核的価値観は、100年以上の活動で培われたものです。
「奉仕」「親睦」「多様性」「高潔性」「リーダーシップ」と言う5つの中核的価値観を学び・語り合い・実践しましょう。

9、地区およびクラブのビジョン・戦略計画立案・推進しよう

2020年に、1920年東京ロータリークラブ創立よりスタートした、日本ロータリーは100周年を迎えます。
2000年故 関口隆ガバナー年度スタートした2840地区は、2020年に20周年を迎えます。
地区としては、2020年を目指したビジョン・戦略計画立案します。
地区内クラブの将来像を考えましょう。

10、地区大会に参加しよう

私たちの年度の成功を祝うことが出来るようにしましょう。
2016-17年度の「成果の確認」と私たちの年度を祝い楽しむ大会にします。
2017年4月16日(日)「ベイシア文化ホール」で開催します。

 

地区数値目標
1.会員増強  地区全体で3%の増強を図る    純増62名
        会員50名未満のクラブ      純増1名以上
        会員50名を越えるクラブ     純増2名以上
2.ロータリー財団への寄付目標 
     年次寄付        会員1人当たり  150ドル以上
     ポリオプラス      会員1人当たり   30ドル以上の
3.米山記念奨学会への寄付目標  会員1人当たり  16,000円以上

桐生ロータリークラブでも上記地区数値目標を達成すべく全会員で努力していきたいと思います。

桐生ロータリークラブにとり今年度は輝かしい65周年、70周年に向けての大切な礎となる年度であり、その為にどのような行動をすべきかを皆で考え努力していきたいと思います。
まず、世界的にも2840地区も桐生ロータリークラブも共通の問題が会員の減少であります。どのような立派な理念があっても会員が少なければ、なかなか思うように奉仕活動はできません。桐生ロータリークラブは純増2名総数72名を目標にして、全会員が会員増強委員長であるとの認識のもと活動をお願い致します。
 県内でもっとも歴史のある桐生ロータリークラブでありますが、さらなる発展を目指し活力あるクラブにするために長期計画特別委員会が設置されており、問題点や情報を速やかに会員に発表するようにしていきたいと思います。今なにをなすべきか、何が必要なのかを考え、速やかに解決し、時代に即した実行力、行動力のあるクラブを目指したいと思います。
例会日が待ち遠しくなるような例会になるように親睦委員会、SAAを中心に会員皆さんと努力致します。
これから一年間どうぞ宜しくお願い致します。

事業計画目標 
1)会員の増強ならびに会員の退会防止
2)奉仕活動を通じて地域社会に貢献する
3)未来の夢計画を実践し、地域社会貢献を行う
4)例会を楽しく充実させる
5)奉仕活動をしながらロータリーのイメージアップを図る
6)輝かしい伝統の桐生ロータリークラブの歴史を学ぶ
7)インターアクトクラブとローターアクトクラブと共に更なる奉仕活動を行う
8)RI会長賞に挑戦する

 

 

 

Copyright © Kiryu Rotaly Club